朝番組「ラヴィット!」ついに1.1%。ひとり負けの現状をなんとかする秘策

朝番組「ラヴィット!」ついに1.1%。ひとり負けの現状をなんとかする秘策

TBS「ラヴィット!」公式サイトより

4月から民放4局で放送されている朝の情報番組が激変した。
 現在は、テレビ朝日の「羽鳥慎一 モーニングショー」のひとり勝ち状態だ。

 各局の番組が新しくなった初回の視聴率はテレビ朝日「羽鳥慎一 モーニングショー」が10.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ。前4週間平均は10.2%)、日本テレビ「スッキリ!」が8.8%(同7.8%)、番組が新しくなったフジテレビ「めざまし8」が6・2%(同5・9%)とどの番組も視聴率を上げた。そして、TBS「ラヴィット」だけが、2.7%(同3.5%)と下げてしまった。しかし、まだこれはいい数字だった。

◆谷原章介「めざまし8」の新戦略

 4月の改編ではテレビ朝日以外は大きな変更があった。2番手の日本テレビ「スッキリ!」は16年続く長寿番組だが、メインMCの極楽とんぼの加藤浩次は残したまま、それ以外の近藤春菜などのMC陣を大きく刷新、コメンテーターの顔ぶれを増強した。

 フジテレビは番組を「とくダネ!」から「めざまし8」へと変えた。
 これは、朝6時から7時台の民放朝のニュース番組で視聴率が2018年から3年連続トップの「めざましテレビ」を意識しているのだろう。新MCは俳優の谷原章介。
 ご存知のように「王様のブランチ」や「パネルクイズ アタック25」などで実績があり、その司会ぶりは高く評価されている。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)

×