あまりに強すぎる阪神優勝の現実味は? 過去の栄光を知る新旧OBが解説

あまりに強すぎる阪神優勝の現実味は? 過去の栄光を知る新旧OBが解説

4月24日、甲子園で行われた阪神対DeNA戦。ドラ1・佐藤輝明外野手、ドラ2・伊藤将司投手の活躍で勝利。若手の台頭が著しい 写真/産経新聞社

今年の阪神は尋常じゃないほど強すぎる――。

 4月24日のDeNA戦、打ってはドラ1の佐藤輝明がプロ初の猛打賞、投げてはドラ2の伊藤将司がプロ初完投で13対1の快勝。翌25日もDeNAに勝ち越し、貯金を11に積み重ね首位を走る。

 矢野燿大監督から新キャプテンに指名された大山悠輔を筆頭に破壊力のある打撃陣とチーム防御率2点台の投手陣。若手主体といえども、今の阪神は過去の優勝時のメンバーと比べても見劣りしないのではないか?

 栄光を知る新旧OBの2人が解説する。

◆あまりに強すぎる阪神優勝の現実味は?

 ペナントレースはまだ始まったばかりだが、気の早い阪神ファンたちの間では、16年ぶりのリーグ優勝は間違いなしとの声も(例年通り?)聞かれる。

 ’03年、星野仙一監督のもとで、阪神優勝に貢献した藪恵壹氏は開幕スタートダッシュに成功した理由に「先発投手陣の安定」をあげる。

「西勇輝、ガンケルをはじめとする先発投手陣がきちんと試合をつくっており、23試合を消化した時点で実に16試合がクオリティ・スタート(先発投手が6イニング以上を投げ、かつ自責点が3以内)と、驚異的な数字です。中継ぎ・抑えも岩貞祐太、岩崎優、スアレスの3人の投手リレーで勝ちパターンができている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)

×