新卒から勤続10年でも年収200万台…独身アラサー女性の“夢”を持てない生活

新卒から勤続10年でも年収200万台…独身アラサー女性の“夢”を持てない生活

新卒から勤続10年でも年収200万台…独身アラサー女性の“夢”を持てない生活の画像

仕事があって、家もある。一見すると「普通の生活」に思えるが、夢も希望もない状態に追い込まれてしまった人たちだっている。たとえ転職はせずに同じ会社で10年以上働き続けても給料は一向に上がらず、新卒時とほとんど変わらない年収200万円台のまま……。

「なんでこうなったのかわからないんですよね。普通に大学を卒業し、一応まじめに働いているつもりなんですが……」

 真美子さん(仮名・30代前半)が住むのは、お世辞にもキレイとは言えない東京都渋谷区のワンルームマンション。彼女の姿から見えてきたものとは……。

◆大卒で10年以上働いても年収200万台のまま

 真美子さんは北海道の私大を卒業後、東京の靴販売会社に就職。そこで十数年が経過したのだが、その間一度も引越しは行っていない。手取り月給は新卒時よりも少ない14万円程度。マンションの賃料すら、入居時より5000円も高くなっているから、1か月のうちに自由に使えるお金は昔より少ないことになる。

「自由に使えるお金は……あまりないですね。最近、携帯を格安会社に換えたので5000円くらい浮きました。プチプラのコスメ(安い化粧品)を少し買えたかな、というくらい。美容室だって3か月に一度行ければいいほど。髪は染めてもすぐプリンになるので、黒髪のままです」

 部屋を見渡せば、目立つのはチューハイや発泡酒の空き缶、コンビニや弁当店の食べがら。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)