どっちが幸せ? 年収400万円で田舎暮らし公務員 vs 年収600万円で都会暮らし上場企業

どっちが幸せ? 年収400万円で田舎暮らし公務員 vs 年収600万円で都会暮らし上場企業

どっちが幸せ? 年収400万円で田舎暮らし公務員 vs 年収600万円で都会暮らし上場企業の画像

年収400万円vs年収600万円ではどちらが幸せか――。単純にお金だけを比較すると、手取り月収で約10万円(ボーナス3か月分で算出)の差があり、年収600万円のほうが幸せということになる。しかし、この年収200万円差を埋めるためにはさまざまな労苦を背負い、幸福度を下げなければならないケースも。そこで35〜45歳のサラリーマン男性300人にアンケートを実施。年収200万円差を埋める幸せの条件とは?

◆年収400万円・田舎暮らしの地方公務員vs年収600万円・都会暮らしの上場企業正社員

 都内、朝の通勤ラッシュで満員電車に揺られるサラリーマンの顔は一様に虚ろだ。「なぜこんな場所に住んでいるのか?」と疑問に感じ、田舎暮らしに憧れた経験はないだろうか。ネット上でも物議を醸した同対決。そのときもさまざまな論争が巻き起こり、年収400万円の田舎暮らし地方公務員が優位に立っていた。

<どっちが幸せ? 35〜45歳のサラリーマン男性300人アンケート>

●田舎暮らしの地方公務員のほうが幸せ 58%

1位 ストレスのない生活

2位 生活費が安い

3位 収入が安定している

●都会暮らしの上場企業正社員のほうが幸せ 42%

1位 利便性が高い

2位 田舎暮らしは退屈

3位 収入が多いほうが◎

 今回のアンケート結果を見ても58%で勝利。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)