<純烈物語>「観客の前で演る楽しさ」後上翔太を成長させた御園座の舞台<第94回>

<純烈物語>「観客の前で演る楽しさ」後上翔太を成長させた御園座の舞台<第94回>

<純烈物語>「観客の前で演る楽しさ」後上翔太を成長させた御園座の舞台<第94回>の画像

―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー 〜純烈物語」]―

◆<第94回>純烈ライブにとっても大きかった御園座 後上を成長させた「観客の前で演る楽しさ」

 マネジャー・山本浩光の病状報告のあと、8曲目となる『失恋ピエロ』の途中だった。急に酒井一圭がモゴモゴ言い出し、曲のオケが進む中で「歌詞、忘れたわ」と苦笑を浮かべた。

 久々にやる曲だったこともあるが、直後のMCコーナーでは「山本のおっさんのせいや。今日、ライブ前に取材が入ってるなんて聞いておらんかったし、それがあってこの曲のリハもできんで案のじょう、これや」と責任転嫁の達人ぶりを遺憾なく発揮。そしてこのド忘れムーブは、10年後あたりから始まる予定の「ボケ純烈」の予兆と位置づけた。

 そうした発言でオーディエンスを笑わせる一方、現実的な部分とも向かい合っていた。じっさいのところライブ活動が点となり、線で結びつけることができなかった昨年の態勢のまま臨んでいたら「ヤバかった」と酒井は振り返る。

◆体力的にも精神的にも大きかった御園座公演

「今年に入って有観客を10本ぐらいやってきて感じたのは、御園座が本当に大きかった、あってよかったということです。僕個人としても、あそこで毎日稽古してやれたことと、グッチャグチャの体調でなんとか乗り越えられたことによって自信というか、どんなステージでも大丈夫だと思えた。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)

×