新型コロナで転落、元ホームレスの4人に聞いた急場のしのぎ方

新型コロナで転落、元ホームレスの4人に聞いた急場のしのぎ方

境遇は違えど、共通することも多かった4人。三大欲求で最初になくなるのは「性欲」と口を揃えた

ウィズコロナ時代、突然の失職や休職を余儀なくされるリスクが顕在化。いきなり無一文になってしまったら、一体どうやって生き延びればいいのか――。家もない、カネもない、仕事もない。そんな究極な貧困状態ともいえる経験をした元ホームレスの4人に話を聞いた。

◆元ホームレスたちが語る食う・寝る・稼ぐライフハック

 新型コロナの影響で、家なき子に転落してしまったのが、元ホストのタツヤ(26歳)と元ヤミ金業のエイジ(25歳)だ。

「空腹だと熟睡できない。シケモクで紛らわしてたけど、ないときは野草を炙って吸う」(タツヤ)

「新宿界隈で野宿をしながら、食事はうまい棒を3日間に分けて食べてましたよ」(エイジ)

 また、10代のときに2年も公園で暮らしていたマコト(20歳)は、「カネがなくて公園の虫を食べた」と話す。さらに某宗教団体から脱走してきたというジュン(24歳)。

 そんな彼らが「食う・寝る・稼ぐ」のライフハックを語った。

◆@絶望する必要なし!食料確保ルートをつくれ

 食料の調達で必須なのはSNS。

「『#炊き出し』『#ホームレス』とかのハッシュタグで調べると、開催の日時がわかるのでスケジュールを組んで歩く」(タツヤ)

 また、定番のデパ地下の試食コーナーもありだが、一気に食べるとマークされてしまうので要注意。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)

×