コロナ失業でホームレスになった50歳、本当に仕事が見つからない/コロナ禍の日本

コロナ失業でホームレスになった50歳、本当に仕事が見つからない/コロナ禍の日本

コロナショックで仕事を失った横田健二さん(仮名・50歳)。「体は元気なのでなんとか働き口を見つけたい」と、就労先について支援団体と相談していた

コロナ禍のまま2度目のゴールデンウイークに突入。これまで取材してきた新型コロナの影響が直撃し困ってる人々を今一度振り返りたいと思う。2020年4月28日掲載記事より、以前からギリギリの暮らしを続けていた生活困窮者たちの嘆き。ホームレスになった50歳の実態だ。

◆緊急事態宣言で面接が消え八方塞がりで路上生活に

 新型コロナウイルスの影響が急速に広まるなかで、各支援団体も動きだしている。4月11日に取材班が訪れたのは、東京都庁のふもとで開催されていた、「認定NPO法人もやい」と「新宿ごはんプラス」による食料配給と相談会だ。

 開始時間の14時になると100人ほどの参加者が行列をつくり、スタッフから次々と食料が配られていく。以前から路上生活だった人もいれば、新型コロナの影響で路上生活になった人も参加。両団体の代表を務める大西連氏によれば、「4月は毎週土曜日に定期開催しているが、これまでの炊き出しでは見なかった顔ぶれが2、3割参加している」という。

 その参加者の中で取材班が出会ったのが、今年に入ってから職を失い路上生活になったという、横田健二さん(仮名・50歳)だった。

◆コロナショックで警備の仕事がなくなる

 現在は上野公園で寝泊まりしているという横田さん。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)

×