ニジマス・江嶋綾恵梨 アイドル活動10周年「オーディションに落ちたら引退だった」

ニジマス・江嶋綾恵梨 アイドル活動10周年「オーディションに落ちたら引退だった」

ニジマス・江嶋綾恵梨 アイドル活動10周年「オーディションに落ちたら引退だった」の画像

女性アイドルグループ・26時のマスカレイド(通称:ニジマス)でリーダーを務める江嶋綾恵梨(25)が、2021年でデビュー10周年を迎えた。

 地元・福岡のローカルアイドルグループ・QunQun、ソロアーティスト・綾恵梨、そして東京進出とともに活動を開始した現グループと、新たな可能性を求めて懸命に走り続けた彼女は、何を思い、何を目指し、“表現者”としてのキャリアを積み上げてきたのか。10周年を記念したアニバーサリーブック『memorial.』も出版され、今まさに充実期を迎えた江嶋が、アイドルとして輝くまでの道のりを振り返った。

◆10周年を“カタチ”に残せたことの喜び

 2011年1月9日、アイドルとして活動を開始してから丸10年。「ちょうど福岡で5年、東京で5年、あっという間でしたね」と笑顔で語る江嶋。この記念すべき日を祝してアニバーサリーブックも制作され、デビューした日に発売するというスタッフの計らいが彼女を大いに感激させた。

 「自分なりに10周年企画を何かやりたいと思っていたのですが、コロナ禍の影響でライブもあまりできず、行動も制御されることが多くなったので、あきらめかけていたんです。そんな時にスタッフさんが、『本を出さない?』と声をかけてくださって。もちろん『ぜひ、やらせてください!』って飛びつきました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)

×