「コンビニ弁当工場の仕事に嫌気が差して」酒クズ系VTuberの素顔

「コンビニ弁当工場の仕事に嫌気が差して」酒クズ系VTuberの素顔

バーチャルユーチューバーの今酒ハクノ

「金! 名声! 滅びよ人類!」という強烈なキャッチフレーズのバーチャルユーチューバー(以下、Vtuber)がいる。彼女の名は今酒ハクノ(いまさか・はくの)。2018年5月のデビュー以降着実にファンを増やし、現在はYouTubeチャンネル登録者数10万人を突破したのだ。

 本記事では、自ら「酒クズ系バーチャルYouTuber」を自称する彼女にインタビューを敢行。デビューまでの経緯や愛する酒についての想いなどを語ってもらった。

◆彼氏を寝取られ、非正規雇用の仕事を転々とするなかで見た“Vtuber”としての希望

??まずはデビューまでのご経歴についてお聞かせください。
 
ハクノ:永遠のアラサーで、酒クズのほうをしております。大学時代から演劇を続けていましたが、当時の交際相手を劇団内の別の女に寝取られた上、劇団員のほとんどが味方をしてくれなかったことにブチギレて以来、演劇には触れていません。その後は、ネットカフェの看板持ち、マナー最悪のジジイだらけな場末の雀荘メンバー、コンビニの工場で弁当に具材を乗せ続ける係など、非正規の仕事を転々としておりました。

??そこから一転してVtuberになられたのはどうしてですか?

ハクノ:「表現活動をしたいし、あわよくばそれで身を立てたい」という感情が残っていたからですかね。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)

×