薄毛の私が「塩」で洗髪したら驚きの変化が。だからサーファーはハゲないのか

薄毛の私が「塩」で洗髪したら驚きの変化が。だからサーファーはハゲないのか

塩シャンで変化した渡辺新さんの頭部

紫外線の強い季節がやってきた。薄毛の男性にとって、地肌に直接照り付ける日射しがいつも以上に気になる季節だ。
 紫外線といえば、あれだけ地肌にダメージの多そうなサーファーは、ロン毛の人は多くてもハゲている人の印象はほとんどない。同じような疑問を抱いたヘアスタイリストが、その理由を「塩」に見出した。

◆サーファーにはなぜハゲが少ないのか?

 薄毛に悩み、25年間にわたり様々な育毛法を試してきたヘアスタイリストで、現在「塩シャンドットコム」代表の渡辺新さん(47歳)は、ある日原因不明の体調不良から友人に「塩浴」を勧められたところ、その意外な副作用に気づいたという。

「天然の塩を身体に塗り込んで塩浴していたところ、湯冷めしなくなり体調がみるみるよくなりました。その代わりに、全身の体毛が少しずつ濃くなってきたんです。塩のミネラルの持つパワーは、海水や海泥がタラソテラピーに用いられるように、もしかしたら身体にいいものなのではないか。

そういえば自分の顧客でもサーファーの人には薄毛がほとんどいないことに思い至りました。そこで、頭皮にも塩を塗り込んだら髪の毛が元気になるかもしれないと考えて、シャンプーをやめて、塩で髪を洗い始めたんです」

◆大量の皮脂が…。約4か月で髪が増え始めた

 始めた当初はかなりショックを受けたという。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)

×