ニジマス・江嶋綾恵梨 アイドル活動10年「コロナ禍はより輝くための充電期間」

ニジマス・江嶋綾恵梨 アイドル活動10年「コロナ禍はより輝くための充電期間」

ニジマス・江嶋綾恵梨 アイドル活動10年「コロナ禍はより輝くための充電期間」の画像

女性アイドルグループ・26時のマスカレイド(通称:ニジマス)のリーダーとして、個性豊かなメンバーを一つに束ねてきた江嶋綾恵梨(25)。

 今年デビュー10周年を迎えた彼女にとって、理想のアイドル像とは何か。過去の変遷を振り返りながら自身の成長をひも解いた前回のインタビューに続き、今回はニジマスの現体制にスポットを当てながら、未来に繋がる江嶋なりのヴィジョンを聞いた。

◆今がニジマスにとってベストなカタチ

 江嶋にとって2021年は、デビュー10周年に加え、ニジマス結成5周年というまさに記念すべき節目の年。ここまで三人の卒業生を見送り、時には意識の違いからメンバーと衝突することもあった。リーダーとして苦悩の連続だったと推測するが、江嶋本人は穏やかな表情でこう振り返る。

 「確かに大変なこともありましたが、それも私たちが成長するための過程。やめた子にはそれなりに理由があるし、私も『もっと歌を歌いたい!』という理由からグループをやめた経験があるので、気持ちもよくわかる。だから今は、卒業していった子たちを心から応援したいと思っています」。

 昨年、6月には新メンバー・中村果蓮が加入し、来栖りん、吉井美優、森みはる、そして江嶋という新5人体制で再出発したニジマス。この大きな変化について江嶋は、「今がニジマスにとってベストなカタチ」と自信をのぞかせる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)

×