「日本人は早期発見病にかかっている」正しい健康診断との向き合い方

「日本人は早期発見病にかかっている」正しい健康診断との向き合い方

「日本人は早期発見病にかかっている」正しい健康診断との向き合い方の画像

健康診断を会社に義務づけられ、人間ドックも定期的に受けろと言われ、保険会社のCMに不安をかきたてられ。人生100年、長生きしたいならまず検査と、何かとプレッシャーがかかる現代社会。しかし、その検査は本当に必要なのか? 今、各メディアが取り上げるこの問題を医師たちに直撃すると、意外な実態が語られた!

◆健康寿命を延ばす「正しい健診との向き合い方」

 会社に所属していれば、健康診断や人間ドックを半ば強制的に受けさせられる人は多い。しかし、「過度の検査は推奨しない」というのが海外の常識だとしたら? 医療経済ジャーナリストの室井一辰氏はこう解説する。

「日本の医師会では『大腸がん検診や肺がんの検診は、40歳以上なら毎年』『胃がん検診は50歳以上なら2年に1回』と推奨しています。対して海外では、検査ごとに年齢の上限を設けている。また日本と違い、具体的な症状がない人はむやみに検査を受けるなというのが基本的なスタンスです」

「では、私たちはどのように健康診断を活用すればいいのか?」という問題がある。日本ではまだ少ない家庭医療専門の武蔵国分寺公園クリニック・名郷直樹医師は、まず現状の問題点をこう指摘する。

「今の日本の健康診断は効果がはっきりしない『対策型健診』といって、個別のニーズを反映しない制度になっています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)

×