小池都知事が「五輪中止」と言い出す説…“女帝の沈黙”が意味すること

小池都知事が「五輪中止」と言い出す説…“女帝の沈黙”が意味すること

写真/時事通信社

「今回の延長により引き続きご負担をおかけします皆さまに、深くお詫びを申し上げます」
5月7日、菅義偉首相は17日間限定で発出していた3度目の緊急事態宣言を5月末まで延長すると発表した。

◆冷めやらない飲食店関係者の怒り

 当初「短期集中で実施し、ウイルスの勢いを抑え込む」と意気込んでいただけにバツが悪かったのだろう。冒頭の「お詫びを申し上げます」のあとには、3秒間にわたって頭を下げた。だが、5月までの休業および酒類提供の自粛を求められる飲食店関係者の怒りは冷めやらない。

「休業しても家賃はかかるのに、2月分の協力金さえ、いまだに振り込まれない。規模の大小に関係なく一律給付される協力金がこれだけ遅延したら、4月以降の規模に準じた協力金はさらに遅れるでしょう。もはや、死ねと言われているようにしか思えない」(銀座の小料理店店主)

 休業せずとも、酒類の提供中止は繁華街の居酒屋などにとっては死活問題。そのため、都の要請を無視して営業する店が増えているという。

「深夜営業している某居酒屋チェーンは連日大行列。同様に朝まで営業している居酒屋は3、4月と過去最高益を叩き出したとか。そのためウチも今月から酒類提供を解禁して、夜12時まで営業するようにしました。常連さんは変な気を使って、『ノンアルコールのレモンサワー』などと注文してくれています(苦笑)」(新橋の和食店オーナー)

◆批判は与党内にも

 批判は与党内にも渦巻いている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)

×