肩こり、花粉症が霧散。#金森式ダイエットで得た意外な副産物とは?



 最初は新鮮な魚や肉、純バターなどを買うのにお金がかかるのではないかと経済的な心配をしていたが、トータルで考えればエステ代や薬代が浮いて結局節約にもなっていることに気付いた。

◆■ストイックになりすぎない、のも大事

 ただ、私の場合はタレント業や旅作家という職業柄、旅やお出かけに関する執筆やロケが多い。最近でも1日に4つのレストランを梯子して食レポする番組のロケが3日間あった。

 また、連載や運営しているYouTubeでも子連れでお出かけして、その土地のご当地グルメをレポートするのも大事な仕事だ。

 当たり前だが、仕事としてやっているのだから食レポでメニューを限定して食べるなんて言語道断。勿論普通に糖質たっぷりのメニューも食べて、きちんと食レポする。

 色んな人が事前段取りをしてメニューを決めてるのだから『ダイエットしてるのでこれ食べれません』などと言った時点で二度と使われない……というか感じ悪過ぎて現場が混乱するだろう。

 仕事関連の会食でもそうだ。一人だけ『これ食べれません』と大量に残したら『何てわがままな人なんだろう』と思われるだろう。

 食事内容の選択は自分のプライベートな時間でやるべきもの。それを仕事の場や他人との楽しい会食の時間に持ち出すものではない。

関連記事(外部サイト)