「自分たちはパワハラまがいの説教されてきたのに…」40代・50代会社員、板挟みの葛藤

「自分たちはパワハラまがいの説教されてきたのに…」40代・50代会社員、板挟みの葛藤

「自分たちはパワハラまがいの説教されてきたのに…」40代・50代会社員、板挟みの葛藤の画像

新卒時はバブル崩壊、就職氷河期、そして今はコロナ禍でリストラ、失業危機とシビアな社会人人生を歩む40代、50代の会社員。同世代の現役サラリーマンに実情をヒアリングしたところ、彼らが過酷な世代である理由が見えてきた――。

◆ジェネレーションギャップに嘆く中年

「自分たちの頃はパワハラまがいの説教を受けながら育ってきたのに、今は若手にちょっと小言を言ったら、すぐに人事部に駆け込まれる。昔は上司に気を使い、今は上司と若手に気を使わなくちゃいけない。正直、不公平じゃないですか?」(46歳・電機メーカー)

 今の40代、50代の会社員を取り巻く環境はある意味“特殊”だ。20代の頃は「バブル崩壊」「就職氷河期の到来」と右肩上がりから右肩下がりの時代への転換点に置かれ、これまでの社会人人生をそっくり「失われた20年」のなかで過ごしてきた。

 そして今、再び「終身雇用からジョブ型雇用へ」「価値観の多様化」「コンプライアンス、ハラスメントへの意識の変化」など新たな時代の転換点に立たされている。ライフシフト・ジャパン取締役の豊田義博氏は、こう語る。

「もっとも大きな問題は、40代、50代は『保守的な生き方こそ正しい』と刷り込まれてきたということ。『リスクを取って挑戦するよりミスをしないこと。頭を低くして上司の言うことを聞き、ミスさえしなければある程度のポジションにつけて給料も上がる』。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)