「入管法改悪に反対!」元収容者と当事者たちが緊急会見「人間として扱ってほしい」

「入管法改悪に反対!」元収容者と当事者たちが緊急会見「人間として扱ってほしい」

3月に名古屋入管で亡くなったスリランカ人女性が嘔吐や吐血のためバケツを抱えていたとされることから、バケツを抗議シンボルにして座り込む男性(5月12日、参議院議員館前で)

◆野党や有識者の反対相次ぐ「入管法改悪」

 衆議院法務委員会で与党が採決を目指している入管難民法の改正に反対し、5月12日に参議院議員会館内で、元収容者や支援者たちが緊急の記者会見を行った。改正には野党が強く反発しており、この日の採決は見送られたものの、14日の強行採決もありうることから関係者の緊張が高まっている。

 この法改正は、外国人の入管施設への長期収容を解消する名目で、退去(出国)しない人への罰則を定め、また難民申請を3回以上行った人を送還することを可能とするもの。

 また弁護士や支援者等が「監理人」となって対象者の状況を入管に報告することで、対象者が施設外で生活できる「管理措置」の新設も含まれ、虚偽の届け出等については「監理人」への過料も設定されている。入管による対象者への監視を支援者に罰則付きで代行させる仕組みだ。

 かねてより改正に抗議するデモ行進が都内で行われ、現在国会前では改正に抗議する座り込みも行われている。11日には国際法などの専門家124人が改正に反対する記者会見を開いた(5月12日朝日新聞デジタル)。立憲民主党など野党も強く反発。改正案の採決に応じない構えを見せている(5月12日時事ドットコムニュース)。

◆「監獄」と化している入管の異常な実態

 今年3月に名古屋出入国在留管理局に収容されていたスリランカ女性ウィシュマ・サンダマリさんが亡くなった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)

×