乱高下の仮想通貨は買いなのか、売りなのか。バブル崩壊目前の相場を読む

乱高下の仮想通貨は買いなのか、売りなのか。バブル崩壊目前の相場を読む

乱高下の仮想通貨は買いなのか、売りなのか。バブル崩壊目前の相場を読むの画像

コロナショックを経て急回復をみせた投資市場。日経平均は一時3万円まで回復し、ビットコインは1年で6倍に膨れ上がった。しかし、実体経済との乖離は明らかであり、バブル崩壊目前を予測する専門家も多い。この最後の相場は買いなのか、売りなのか――。今回は仮想通貨編。ラストチャンスをものにせよ!

◆乱高下のビットコイン。強い戻しで現物買いか新生のアルトを狙う!

 仮想通貨市場の乱高下が止まらない。ビットコインは4月14日に過去最高値707万円を記録したが、わずか1か月後の5月19日に一時は330万円代まで急落。この予測不能の相場を、ゴールドマン・サックスでファンドマネジャーなどを務めた斎藤岳氏はどう読むか。

「ビットコインは’13年、’17年と2度急騰してから80%近く下げました。ほかの資産に比べて調整の度合いは大きいため、今回300万円代に下がったのも明確な理由はなく、パニック売りによる“調整程度”と私はとらえています」

 今後も適時“調整”は続くと斎藤氏。ただ、バブルがはじける未来予想がある、とも。

「注目の一つはアメリカの失業者。コロナ対策で失業手当が週400ドル上乗せされていて、失業保険で仮想通貨投資する個人投資家もいる。失業保険の加算が終わる9月以降は特に警戒したほうがよさそうです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)