日本の「コロナ対策」が世界より大きく遅れている根本的理由<評論家・佐高信氏>

日本の「コロナ対策」が世界より大きく遅れている根本的理由<評論家・佐高信氏>

日本のワクチン接種率はOECDでも最低レベルだ photo by fernando zhiminaicela via Pixabay

◆これは「菅禍」だ

―― 菅政権の新型コロナウイルス対策は完全に破綻しています。他の国ではワクチン接種がどんどん進んでいるのに、日本は大きく出遅れています。この原因はどこにあると思いますか。

佐高信氏(以下、佐高) それは菅が国民のことを何も考えていないからです。菅は「国民の命を守る」などと言っていたけど、嘘っぱちですよ。

 それが端的にあらわれているのが、菅がいち早くワクチンを打ったことです。国民のワクチン接種は進んでおらず、毎日多くの人たちがコロナによって命を落としているのに、自分が真っ先にワクチンを打つなんて一体どういうつもりなのか。

 アメリカで日米首脳会談が開催されるので、訪米するためにワクチンを打つ必要があったと言うかもしれないけど、自ら危険を冒さない人間の言うことなんて誰も信用しませんよ。あれでよく総理大臣が務まりますね。私は腹が立って仕方ありません。

 また、菅内閣の中で誰がコロナ対策の責任者なのかわからないことも問題です。もちろん最終的には総理大臣の菅に全ての責任がありますが、厚労大臣の田村憲久もいればワクチン担当大臣の河野太郎もいるといった具合で、コロナ対策に関わる大臣が多すぎます。

 菅が河野をワクチン担当大臣に起用したのは、政権のイメージアップを図るためだと言われていますよね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)