知られざる少年院生活の実態「幼稚園児レベルの告げ口されるから、誰も信用できない」

知られざる少年院生活の実態「幼稚園児レベルの告げ口されるから、誰も信用できない」

Cさん(20歳・エステサロン勤務)非行を重ね、18歳の時に覚醒剤の使用で少年院に送致。更生し「義務教育の一環として少年院にはみんな行ったほうがいい」と言う

茨城一家殺傷事件の岡庭由征(26歳)が医療少年院から退院後わずかな期間で凶行に及んだことで、再び少年院の矯正教育に疑問符が付けられている。一体塀の中ではどのような矯正教育が行われているのか?

◆医療少年院で5年間過ごすも起こった悲劇

 茨城一家4人殺傷事件の容疑者、岡庭由征(26)は幼少時代からセミや蛙を切り刻んで遊ぶなど「サイコキラー」の片鱗を見せていた。高校では切断した猫の生首を教室に持ち込み、その後、女子中学生2人に切りつける連続通り魔事件を起こしている。

 家宅捜索では、サバイバルナイフや鉈など計78本の刃物を押収。このほか、硫化水素を発生させる約45sもの硫黄のほか、猛毒リシン含有物なども見つかっており、岡庭容疑者が次の“標的”を探し求めていたのは明白だ。

 岡庭は通り魔事件により医療少年院で5年間を過ごし、’18年に満期で出院した。だが、この間に更生できなかったのか、疑問も残る。

◆「微笑み合い」も罰則対象。知られざる少年院生活

 今回、少年院で矯正教育を受けた経験のある10〜20代の男女に取材した。若かりし彼・彼女らは、犯した罪も、更生への道もまちまちだが、そもそも少年院の中ではどのような生活が営まれているのか?

 傷害事件で関東地方の少年院に17歳から1年間収容されていた21歳の元少年・Aさんが話す。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)