内閣改造で石破派の山下貴司氏が法務大臣に 安倍晋三首相による嫌がらせ人事か

内閣改造で石破派の山下貴司氏が法務大臣に 安倍晋三首相による嫌がらせ人事か

記事まとめ

  • 内閣改造の結果、菅義偉氏、麻生太郎氏、二階俊博氏らで派閥均衡人事を維持したという
  • 石破派からは山下貴司氏が法務大臣に就任したが、干し上げる余裕がなかったらしい
  • さらに、山下大臣に永田町は嫉妬の海らしく、安倍晋三首相による嫌がらせ人事だという

石破派の山下大臣だけが唯一、安倍首相が選んだ人事。なぜか?――倉山満

石破派の山下大臣だけが唯一、安倍首相が選んだ人事。なぜか?――倉山満

首相官邸公式Twitterより

― 連載「倉山満の言論ストロングスタイル」―

◆大マスコミは派閥ごとの大臣の数だけを報道するが、大臣の椅子の重さは違う

 世の中えてして、何が書かれているかよりも、何が書かれていないかのほうが大事だったりする。

「俺の名前がないな」

 そう思った人もいるのではないか。

 安倍内閣は見事なまでに派閥均衡人事を維持した。内閣の要の官房長官は表向き無派閥だが安倍首相直系の菅義偉。消費増税を担当する副総理・財務大臣に麻生太郎。党を握る幹事長には二階俊博。見事に主流3派を維持している。

 幹事長のほか、政調会長と総務会長を三役、最近は選挙対策委員長を加え党四役と言うが、これまた上位派閥で分け合っている。

 大マスコミは派閥ごとの大臣の数だけを報道するが、大臣の椅子の重さは違う。官房長官と財務大臣に加え、外務大臣は国政の中心である。この3つは「主要閣僚」である。ここでは麻生派偏重が目につく。

 政治家がなりたがる大臣ポストを、口さがない人は「利権閣僚」と呼ぶ。

 産業界全体に睨みを利かせる経済産業省、農協を抱える農林水産省、旧郵政省を併合したのみならず古くは内務省にさかのぼり地方行政を司る総務省、旧建設省と旧運輸省すなわち土木と道路を握る国土交通省。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)