日本サッカー五輪代表の18名は? 6月の最終選考前に大予想

日本サッカー五輪代表の18名は? 6月の最終選考前に大予想

日本サッカー五輪代表の18名は? 6月の最終選考前に大予想の画像

長引くコロナ禍によって東京五輪開催の是非が問われるなか、日本サッカー協会は6月に行われる東京五輪に向けた強化を目的とした国際親善試合に出場するメンバーを発表した。その会見で森保一監督は、「最終選考」であることを宣言。

 そんななか、6月3日に開催予定のA代表とジャマイカ代表との対戦が急遽中止に。代わりに史上初の日本代表同士の試合が行われ、結果は”兄貴分”が貫禄を見せ、3-0という結果となった。

 そして、今後行われる5日と12日の試合によって、今回選ばれた27名から本大会に出場する18名が選出されることに。タイトな日程の中、選手にとっては最後のアピールの場となる。

◆なぜ23歳以下の選手なのか

 五輪の男子サッカー競技には、23歳以下の選手でチームを構成しなければならないという独特のレギレーションがある。これはワールドカップとの差別化を図るため、1992年バルセロナ大会より設定された。しかし、無名の若い選手が多い試合は集客力がなかったため、1996年アトランタ大会からは24歳以上の選手を最大3名加えられるオーバーエイジ枠を設けることになった。

 また、ワールドカップでは最大23名の選手を登録できるが五輪は18名と登録メンバーが5名も少なく、監督はその選考に悩まされることになる。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)

×