「コロナ禍で仕事がすべてなくなった」レースクイーンが見出した活路

「コロナ禍で仕事がすべてなくなった」レースクイーンが見出した活路

新谷桐子さんのレースクイーン姿

モータースポーツに欠かせない「レースクイーン」。白熱するサーキットでのレースに華を添え、立ち振る舞う様子は憧れの“アイコン”的存在とも言える。しかし2020年に襲った新型コロナの影響で、モータースポーツの祭典はことごとく中止に追いやられる。まさにそこを主戦場にしていたレースクイーンの多くは、ライブ配信アプリを使ったライバー活動に取り組むようになり、生き残りをかけて必死だ。

 レースクイーンやモデルを中心に活動する新谷桐子さん(27歳)もその一人。今回はコロナ禍を乗り越えるために取り組んでいることや、レースクイーンにかける想いについて新谷さんに聞いた。

◆ルーティン作業が苦手でイベントコンパニオンの世界へ

 新谷さんは国内最高峰のレースといわれる「Super GT」でレースクイーンを務めている。国内外から多くのレースファンが駆けつけるモータースポーツの祭典でいわば“レースの花形”として活躍してきたわけだ。

 そんな新谷さんだが、レースクイーンを始めたきっかけは何なのか。

「高校時代にアルバイトでスーパーのレジ打ちやテレアポの仕事をやっていたのですが、ずっと同じことを繰り返すルーティン作業が苦手で……。どうしても、長く続かなかったのですよ。そこでイベント系のお仕事を探すようになりました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)

×