秋葉原などで暗躍する転売屋グループの稼ぎ頭はフィギュアなど 現在の主戦場は食玩か

秋葉原などで暗躍する転売屋グループの稼ぎ頭はフィギュアなど 現在の主戦場は食玩か

記事まとめ

  • 昨年はコロナによる巣ごもり需要も有り、Nintendo Switchの転売が世間を賑わせた
  • 秋葉原・新宿エリアで暗躍する転売屋グループの主な稼ぎ頭は、フィギュアやホビー用品
  • そんな彼らが現在主戦場にするアイテムはスーパーやコンビニでも購入が可能な食玩とも

転売ヤーが目をつけた「食玩」。再販がないので市場価格が上がり続ける

転売ヤーが目をつけた「食玩」。再販がないので市場価格が上がり続ける

どんなに小さなスーパーでも必ず食玩コーナーを見かける

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

◆転売ヤーに抱く嫌悪感

 転売と言うと嫌悪感を抱く人も少なくないのではないか。昨年はコロナによる巣ごもり需要も有り、Nintendo Switchの転売が世間を賑わせた事は記憶に新しい。昨年末から続くPlayStation5の転売に辟易している人もいる事だろう。

 購入できれば高額で転売できるということも有り、いまだにゲーム機や高額転売品を求めている人も多いが、稼ぐ転売ヤーは更に次のステージに目を向けている。

 秋葉原・新宿エリアで活躍する転売屋グループの主な稼ぎ頭はコロナ前と変わらず「フィギュア」や「ホビー用品」だという。ゲーム機などは確かに魅力的な転売商品だが、抽選販売や複数購入、再購入が非常に厳しいのでメリットが薄い。これに対してフィギュアや普通のホビーは複数購入も可能だし、買占めも可能だという。

 イベントや通販限定で販売される限定品も転売対象だが、コロナで時間が余っている層や金欠で少しでも稼ごうと言う層が増えた今では旨味が少ないので、これらはあくまでも転売商品のうちの一つに過ぎない様だ。

◆ゲーセンに続く主戦場は「食玩」

 そもそも、限定品などは転売屋やショップなど身内同士で値段を釣り上げる方法が常套手段。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)