スーツ+アウトドアコートは、最新モード風に見せられる

スーツ+アウトドアコートは、最新モード風に見せられる

WEARより

【モードをリアルに着る!オム Vol.20/小林直子】

 フォーマルとカジュアルのバランスをどうするかという問題は日本だけではなく、海外にもあるようで、ヴァージル・アブローはもうすでに「ビジネスカジュアル」と名付けて、新しいスタイルの提案をしています。

 Tシャツとジーンズや短パン、スニーカーといったスタイルでどこへでも行けてしまうことも確か。だけれども、それだけで本当にいいのだろうか、格好いいのだろうかという問いに対する答えを多くのデザイナーが用意しているのですが、中でもここ数シーズンのランバンの提案は、その価格はさておき、実現可能、そしてこれからの流れを指し示しているという意味で、おしゃれにさほど興味がない人でも知っておいても悪くはないものでしょう。

◆ランバンが提案する、スーツ+アウトドアウエア

 ランバンのクリエイティブディレクターのルカ・オッセンドライバーがここ数シーズン提案しているのが、テーラリング+「X」。「X」の部分にはスポーツウエアやワークウエアが入りますが、今シーズン強く押し出しているのがアウトドアウエアです。

 イギリスの素材を使った端正なテーラリング、つまり男性服の仕立て技術を駆使したスーツの上に袖なしで綿入りアウトドアジャケット。大き目なサイズ感と斜めがけしたバッグがモード風です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)