横浜DeNAベイスターズ「左打ち外野手だらけ」問題。高田GM時代の負の遺産か

横浜DeNAベイスターズ「左打ち外野手だらけ」問題。高田GM時代の負の遺産か

横浜DeNAベイスターズ「左打ち外野手だらけ」問題。高田GM時代の負の遺産かの画像

◆交流戦3位と奮闘したベイスターズだが

 開幕の不振はどこへやら。横浜DeNAが交流戦18戦を9勝6敗3分けで3位、交流戦期間のチーム打率は.297で1位と復調気配である。

 もともと開幕不振の原因は外国人選手の来日手配ミスだった点を考えれば合流後、試合感が戻れば打線は問題なかったということだろう。しかし、交流戦防御率は4.90と11位。課題は投手力で、ファンからもどちらかといえば投手力改善に期待が集まっている。

 だが、編成数から見るプロ野球視点で見るともっとヤバい課題が横浜DeNAにはあると言わざるを得ない。それは高田繁GM時代に起きていた「左打ち外野手だらけ」問題だ。

◆右打ちが2人だけ! あまりに極端すぎたヤクルト監督時代の外野編成

 高田繁氏が横浜DeNAのGMとなったのは2011年5月、ここから2018年までGMとして横浜DeNAの編成における最高責任者として仕事をしていたことになる。

 そして、高田GMには外野手を左打者だらけにし、チーム不振の原因となった前例を持っていた。そう、東京ヤクルトで全権監督をしていた時である。

 ヤクルトの全権監督をしていたのは2008年から2010年の途中辞任までの間。この期間でヤクルトの支配下契約の外野手編成は以下のようになっていたのである。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)