89歳の広岡達朗が明かす、長嶋茂雄との“不仲説”の要因

89歳の広岡達朗が明かす、長嶋茂雄との“不仲説”の要因

’63年、大スターとなったONに挟まれ取材を受ける広岡(当時31歳)。広岡にとって長嶋は4年、王は8年後輩にあたる

大男たちが一投一打に命を懸けるグラウンド。選手、そして見守るファンを一喜一憂させる白球の行方――。そんな華々しきプロ野球の世界の裏側では、いつの時代も信念と信念がぶつかり合う瞬間があった。あの確執の真相とは?あの行動の真意とは?68年にわたりプロ野球に携わってきた重鎮、広岡達朗の確執と信念をひもとく。

◆誰よりも“人”を残した名将が今明かす“打撃の神様”との衝突

 広岡達朗、89歳。今のプロ野球界を大上段に斬ることができる唯一無二の男だ。長嶋茂雄だろうと王貞治だろうと、広岡にかかればひとたまりもない。“老害”と見る向きもあるが、広岡ほど誰にも忖度なく持論を投げつけられる野球人は他に類を見ない。’54年に巨人に入団して以来、実に68年もの間プロ野球に携わり続けてきたがゆえの矜持でもある。

 広岡の現役時代を克明に覚えている読者はほとんどいないだろう。現役としての最終出場は’66年。今から55年も前のことである。

 監督としてはヤクルト、西武で7シーズン指揮を執り、リーグ優勝4回、日本一3回という輝かしい実績を持つ。

 名将と呼ぶにふさわしい記録だが、監督時代の広岡は「徹底した管理野球」、「非情采配」といったネガティブな要素が取り沙汰され、“冷酷な指導者”というイメージが今もつきまとい続けている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)