大谷翔平の恩師、栗山監督「翔平がベーブ・ルースと比較されたことが嬉しかった」

大谷翔平の恩師、栗山監督「翔平がベーブ・ルースと比較されたことが嬉しかった」

「大谷翔平二刀流 その軌跡と挑戦」(扶桑社)より。撮影/中條未来

◆遂にゴジラ松井を越える一発を放った大谷翔平

 先発して7回を投げたナイター明けのデーゲームで、勝ち越しホームランを放った今日の大谷翔平。直近20試合で15本目のホームランとなった一発は、松井秀喜氏の持つMLB日本人年間最多ホームラン(31本/2004年)を超える今季32号となった。

 今から遡ること7年前。プロ入団2年目、当時二十歳の大谷翔平がプロ野球史上初となる”二桁勝利・二桁本塁打”(11勝10本)を記録した。その軌跡と挑戦を刻んだ「大谷翔平 二刀流 その軌跡と挑戦」を制作した取材班が、当時の証言を振り返りながら、27歳の大谷翔平を語る。

 今回は栗山英樹監督(北海道日本ハムファイターズ)の証言を交えながら、ゴジラを超えた大谷の入団当初のエピソードとベーブ・ルースを語ってみたいと思う。

◆ファイターズ入団は栗山監督の存在が大きかった

「高校時代の無名な僕を知ってくれていた栗山さんが監督のチームなら……」

 卒業と同時にアメリカ行きを表明していた大谷翔平が、自らの夢を翻し、ファイターズ入団を決断した理由のひとつには、栗山英樹監督の存在があった。

 取材当時、栗山監督は大谷について「正直、アメリカに行く気満々だった」と語っていた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)