「ワクチン接種、7割進めば忘年会も可能」SNSで話題の医師が明朗回答

「ワクチン接種、7割進めば忘年会も可能」SNSで話題の医師が明朗回答

SNSでワクチン接種の経過を報告した医師・小説家の知念実希人氏

新型コロナウイルスのワクチン接種は、高齢者や医療従事者だけではなく、企業や大学などが実施する職域接種や、自治体によっては16歳から64歳までの接種が始まった。接種券を手にした人も増えてきている。

 SNS上には、すでにワクチンを接種した人たちのさまざまな体験談や、これから接種する人たちの不安の声も散見されるが、実際のところはどうなのだろうか。Twitterで自身がファイザー製のワクチンを接種した際の経過を随時報告し、注目を集めた医師で小説家の知念実希人氏(Twitter:@MIKITO_777)。今回は、ワクチン接種に関わる疑問について聞いた。

◆ワクチン接種をするべきか?

??そもそもワクチンを接種するべきか迷っている人も多いです。接種後に亡くなったという内容の記事も見かけます。

「致死率1.4パーセントの感染症を防ぐという意味では、リスクとメリットを天秤にかけた時に、打たないという選択肢はない、というのが多くの医師の見方です。

 日本では4,350万人以上(※)が接種しています。国民の3分の1が接種しているんですね。すでに全世界では10億人以上に新型コロナウイルスの予防ワクチンが接種されていますが、これが直接的な原因となった死亡例は世界で一例も報告されていません。バイデン大統領も、エリザベス女王も、菅首相も打っています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)