ボクシング日本代表の田中亮明「五輪の延期は、僕にはいい影響しかなかった」

ボクシング日本代表の田中亮明「五輪の延期は、僕にはいい影響しかなかった」

左から、弟・田中恒成選手、兄・田中亮明選手、父・田中斉氏

東京五輪の開催が目前に迫った6月末、緑豊かな山々に囲まれた岐阜県瑞浪市の中京高校は、早朝から朝練に励む運動部員の活気に溢れていた。生徒たちに交じり、ボクシング部員十数人を従えランニングに汗を流していたのが、東京五輪ボクシング・フライ級日本代表の田中亮明選手だ。中京高校3年から進学した駒澤大学時代にかけて国体4連覇を達成。’15年、’16年、’19年の全日本選手権で優勝と輝かしい戦績を収め、現在は母校の教員を務めながらアマチュア・ボクサーを貫いている。

 高校時代には、現WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者で、世界を震撼させ続ける“モンスター”井上尚弥選手と4回対戦して鎬を削り、元WBO世界フライ級王者で、世界最速タイで3階級制覇を成し遂げた田中恒成選手を弟に持つ亮明選手は、アマチュア・アスリート最高の檜舞台「五輪」でメダルを獲りにいく。ボクシング界の親子鷹として兄弟を指導してきた父・斉氏、弟・恒成選手を交え、五輪に懸ける思いに迫った。

◆応援してくれる人が見て楽しめる試合をするだけ

――開会まで1か月を切った五輪への意気込みを聞かせてください。充実した準備ができているようで、朝練では生徒とランニングを何回もしていたが、毎回トップでしたね。

亮明:五輪の代表内定後、やれることすべてをやってきたので、後悔がない1年でした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)