ワタナベマホト、へずまりゅう…YouTuber炎上の歴史を振り返る

ワタナベマホト、へずまりゅう…YouTuber炎上の歴史を振り返る

迷惑系YouTuberのへずまりゅうから挑戦状を受け、実際にスパーリングをした朝倉未来。勝負は一瞬で……(朝倉未来のYoutubeチャンネルより)

◆炎上と紙一重の業界

「YouTuberとかやったらいいんじゃないですか。ほらライターなんだからいろいろネタがあるでしょう」

 昨今、そんな無責任なアドバイスをもらうことがよくある。だがそれは売れない漫画家に「『サザエさん』みたいなのを書けば売れますよ」といってるくらいに意味がない。

 今や芸能人もテレビ業界の先行きに不安を感じて参入するYouTube。しかし、炎上と紙一重のこの業界では、さまざまなトラブルが起きているのも事実である。話題は元欅坂46で女優の今泉佑唯と結婚を発表したばかりの元・YouTuber「ワタナベマホト」こと渡辺摩萌峡容疑者が児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)容疑で警視庁少年育成課に逮捕された話題もその一つだ。

 犯行の内容は、いわば「ファンを食った」というもの。ファンの当時15歳の女子高生に、わいせつな画像を自撮りさせて送らせたというものだ。以前はチャンネル登録者数260万人を越えていた元・ワタナベマホトだが今年1月に事件が発覚したことで、チャンネルは消滅し所属事務所との契約も解除されてしまった。元・ワタナベマホトは2019年にも当時同居していた女性に暴行を加えた容疑で逮捕されており、もはや復活は絶望的といえる。

◆モラルが崩壊した迷惑系YouTuberが跋扈

 YouTuberは近年、子供がなりたい職業の上位にランクインするなど、新興の活気溢れる業界であるが、その反面で問題も絶えない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)