炎上した霜降り明星・粗品に吉本の恩師が送ったメール

炎上した霜降り明星・粗品に吉本の恩師が送ったメール

キングオブコントの審査員をする本多正識氏

◆炎上した粗品に送ったメール

 霜降り明星の粗品君が配慮を欠いたラジオの発言で炎上し、ニッポン放送の社長が謝罪会見を行う事態になってしまった。

 このニュースをネットで知ったとき、すぐに粗品君に「あれはあかん!どんな場合でも人の生死に関わることへの発言はくれぐれも注意して、配慮せなあかんで」とメールを送った。「本当に申し訳なく思っています。反省しています」という返信があったが、本当に反省してもらいたいと思います。

 粗品君を擁護する気は全くありませんが、頭の回転が早い、“笑い脳”の優れている彼は目の前の事象を反射的に笑いに変えられないかを考えてしまうのでしょう。みんなが喜ぶ話題の時はそれでいいが、今回のような時には裏目に出ます。

 おそらく意識をして、考えてという時間を経ずに言葉に出してしまったのだと思いますが、これからはその前にフィルターを通す訓練をした方がいいでしょう。

◆ネガティブではなく面白い言葉を使おう

 テレビでネタを見ていても「死ね!」とか「殺すぞ!」というツッコミの言葉がしばしば見受けれますが、やはり不適切な言葉で不快に感じられる方もいらっしゃると思うので違う言葉に変えてほしいと思っています。授業では「ネガティブではない面白い言葉を使うよう」に指導しています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)