MicroSDカードの偽物が出回っている。128GBの商品の実際の容量は16GB

MicroSDカードの偽物が出回っている。128GBの商品の実際の容量は16GB

左が正規品、右が偽物。パット見の違いは色味以外無いように見える…

―[得する!使える!ガジェット裏マニュアル]―

◆MicroSDカードの偽物が出回っている

 Nintendo Switchなどのゲーム機やスマホなど様々な面で需要が増えているMicroSDカード。

 電子部品の世界的供給不足という事もあり、MicroSDカードもまた値上がり傾向にある。そんなMicroSDカードだが、再び偽物が出回っているようです。

 偽物の話をする前に昨今のMicroSDカードで最も売れている容量は128GB〜256GB。家電量販店や「価格.com」などで売れ筋ランキングを見ると1位に128GB、2位に256GBとなっており、多くの人が128GB〜256GBを購入していることがわかります。

 高画質化したスマホカメラでの撮影やハイレゾ音源の音楽を聴取するなどスマホの恩恵を存分に受ける人は比較的大きめの256GBを選択する人が多く、512GB以上はNintendo Switchの容量不足解消などで購入する人が多いようです。

 ただし、32GBのMicroSDカードはドライブレコーダーで多用されることも多く、一定以上の需要を集めているといえそうです。

◆オークションサイトにご用心

 SanDisk製のMicroSDカードは家電量販店で購入すると正規代理店を通っている影響もあり、ultraグレードで約8000円、ネット通販などでは並行輸入品という事も有り1500円程で購入できます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)