東京五輪と海外旅行を「コンビニ」で味わう。ニューデイズに異変アリ



 一方、『石窯パリジャンサンド』はいずれも300円台前半で購入できる。この価格で提供できる理由を聞いてみると、「バイヤーの気合と根性です!」という熱意ある回答が戻ってきた。

「お客様が手に取りやすい価格設定にするために、原材料の選定や商品設計に徹底的にこだわりました。また、美味しい商品を提供することはもちろんですが、エキナカで毎日利用するお客様が飽きずに楽しんで買っていただけるような商品づくりを目指しています」

◆他のコンビニとの差別化、国内から海外まで…

 ニューデイズは、地方と連携したキャンペーンやコラボ商品の発売など、年間を通じ“毎日利用しても飽きない”企画を展開することで、他のコンビニエンスストアとの差別化を図っているという。7月20日からは全国の銘店・名産とのスペシャルコラボ商品を各種取り揃えた「ニッポンうまいもん物産展」と題したキャンペーンも展開中とのこと。

 たとえば、沖縄の郷土料理「ポーク玉子」や名古屋の「天むす」をおにぎりにした『スゴおに』や、鳥取の『白バラコーヒー』、ほかにも広島の『にしき堂のもみじ饅頭』や福岡の『めんべい』など、旅行土産さながらのものまで店頭に並ぶ。

 いつ店をのぞいて見ても「ちょっと変わったもの」がさらりと陳列されている印象。

関連記事(外部サイト)