安倍前首相の「反日発言」の酷さを斬る<法学者・小林節氏>



 確かに、日本国憲法はわが国が自由で民主的な国家であることを宣明している。しかし、「モリ・カケ・桜」に象徴されるように、長期政権の下で権力を私物化した張本人の安倍前首相に、「民主主義を奉じる日本」などと言われると、正直、「片腹痛い」としか言いようがない。

 民主国家とは、国民の代表である議会が定めた法律と予算に従って公平に権力が執行される国家だが、「モリ・カケ・桜」の現実は、安倍首相(当時)と親しい人々だけは法律から自由で、かつ、国家予算を使って優遇される国になったということである。

 また、「新自由主義」の名の下に、福祉の切り下げ、労働条件の改悪等が行われ、国民の生活は確実に「不自由」になっている。だから、その政策を先導した当時の首相に「自由を奉じる国」などと言われても、苦笑しかできない。

◆「双方向的な議論を避ける」?

 最後に、安倍前首相は、立民の枝野代表の討論姿勢について、「双方向的な議論を避ける特徴がある」と批判した。

 私は、正直、これには唖然とした。安倍首相(当時)が、国会の論戦において、相手の質問には答えずに、無関係事項について一方的に長々と話をすることは、誰でも知っている公知の事実である。そして、その様な「討論?」姿勢こそ言葉の本来の意味で「双方向的な議論を避ける」と言うのではなかろうか。

関連記事(外部サイト)