安倍前首相の「反日発言」の酷さを斬る<法学者・小林節氏>



 日本国憲法の下で首相として最長の任期を務めた人物には、退任後はそれに相応しい振る舞いがあるはずだ。少なくとも、今回の発言の様に、子供の喧嘩の様な真似はするべきではない。

<文/小林節 記事初出/月刊日本2021年8月号より>)

こばやしせつ●法学博士、弁護士。都立新宿高を経て慶應義塾大学法学部卒。ハーバード大法科大学院の客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。著書に『 【決定版】白熱講義! 憲法改正 』(ワニ文庫)など

―[月刊日本]―

【月刊日本】
げっかんにっぽん●Twitter ID=@GekkanNippon。「日本の自立と再生を目指す、闘う言論誌」を標榜する保守系オピニオン誌。「左右」という偏狭な枠組みに囚われない硬派な論調とスタンスで知られる。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)