五輪に憤る湾岸タワマン住民。無観客なのに「厳戒態勢」でストレス爆発

五輪に憤る湾岸タワマン住民。無観客なのに「厳戒態勢」でストレス爆発

五輪に憤る湾岸タワマン住民。無観客なのに「厳戒態勢」でストレス爆発の画像

東京五輪がついに開幕した。開催決定直後から相次いだ不祥事やトラブルに加え、新型コロナウイルスが襲い、「史上最も国民から歓迎されない五輪」と言われているが、競技会場周辺の住民は憤っている。いったい、なぜなのか。

◆「はっきり言って大迷惑」

 直前までゴタゴタ続きだった東京五輪もついに開幕した。無観客開催ということもあり、盛り上がりもイマイチだが、競技会場が集中する東京・湾岸エリアは、良くも悪くも五輪ムードに包まれている。

 トライアスロン競技の会場のあるお台場に住む、物流会社経営の男性(50代)はこう話す。

「はっきり言って大迷惑。開催中ほぼ毎日、周辺の車道の多くが通行止めになる。最も長い日で午前2時半から午前10時まで、ウチのマンションが面している道路も規制され車の出し入れができない。

 私は仕事で車を使いますし、明け方帰ってくることも多いのですが、自腹でタクシーを使うしかなく、帰宅時は家から500m以上離れたところで降りなければならない。競技が始まるのは午前6時のようですが、組織委員会の担当者曰く、競技の準備や警備の関係で早めに封鎖すると。だったら代わりの駐車場くらい用意してくれよ!」

 競技会場周辺の住民の負担はほかにも。テニスや体操競技など、複数の競技会場を抱える有明エリアに住む40代の男性も口をとがらせてこう怒る。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)