日本人の顔にフィットする「究極のメガネ」。格安品とはそもそも製法が違う

日本人の顔にフィットする「究極のメガネ」。格安品とはそもそも製法が違う

gp-02e(guepard)2万9700円

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆95/108 gp-02e(guepard)2万9700円

 メガネ業界は近年、格安量販店による価格破壊が進んでいます。

 レンズ込みで9000円などの謳い文句を見て「今まで4万円も5万円もかかっていたのは詐欺だったんじゃないか!」と思う方もいらっしゃるはず。

 しかしながら、格安メガネと中〜高級メガネはそもそも製法が異なり、それによるメリットとデメリットが明確に存在しています。

◆格安店が「価格破壊」できる理由

 格安量販店は金型を作り樹脂を流し込む生産方法。職人の手間がほとんどかからず、安定して大量にフレームを作ることができます。

 他方、中〜高級店のものは大きな生地板から削り出して作る生産方法。職人の技術が必要となるためコストが大きくなります。

◆メリットとデメリットを把握して使い分ける

 量販店による大量生産の大きなメリットはコストの安さにありますが、デメリットは成形後の加工が難しいという点にあります。

 昔のメガネ屋さんって「鼻にフィットするように直しますねー」と調整をしてくれましたよね。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)