アサヒ×キリン、ビール業界の巨人阪神戦。現在の勝者はどっちだ

アサヒ×キリン、ビール業界の巨人阪神戦。現在の勝者はどっちだ

馬渕磨理子

―[あの企業の意外なミライ]―

◆ネオンが消えた2021年

「今度、よかったら飲みに行きましょう!」

 こんなセリフを口にしなくなり、早くも1年以上が経過した日本。ガード下の赤提灯に灯がともらなくなり、駅前のネオンが輝きを失った2021年は、日本人の中で間違いなく「居酒屋でアルコールを飲まなかった一年」として記憶に刻まれるでしょう。では、そんな状況下でアルコール飲料を取り扱う飲料メーカーはどのような様相を呈しているでしょうか。

 国内においては、成熟産業となったビール業界。この業界の2大巨頭がアサヒグループHD(以下、アサヒ)とキリンHD(以下、キリン)です。

“ビール一本”で世界展開を図るアサヒ。飲料だけでなく医薬品を強化し多角化しているキリン。いわばビール業界の巨人ー阪神戦、2021年の現在の勝者はどちらでしょうか。業界事情を“一気飲み”で解説します。

◆「とりあえず生で!」は令和の絶滅危惧種ワードか

〈飲もう〜! 今日はとことん付き合うわよ〜♪〉

 このCMでお馴染みだった森高千里さんの22枚目のシングル「気分爽快」がリリースされたのが1994年。この曲はアサヒビールのCMに起用され、ロサンゼルスドジャースの野茂英雄投手の活躍とともに話題となりました(「野茂」と「飲もう」)。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)