東京五輪スケボーの影響、ムラサキスポーツ「売り上げは好調です」

東京五輪スケボーの影響、ムラサキスポーツ「売り上げは好調です」

四十住さくら(左)と、宮崎県出身で母親が日本人のイギリス代表スカイ・ブラウン(右)<代表撮影:雑誌協会>

◆スケボーで日本人選手がメダルラッシュ

 メダルラッシュに沸いた東京オリンピック。中でも大きな話題となったのが今大会より新種目として追加された「スケートボード」だ。

 男子ストリートでは堀米雄斗選手(22)、女子ストリートでは西矢椛選手(13)がともに金メダルを獲得し、中山楓奈選手(16)も銅メダルに輝いた。女子パークでは四十住さくら選手(19)が金メダル、開心那選手(12)が銀メダル。その結果から日本人選手の強さに驚いたはず。

◆ショップの売り上げに影響は?

 西矢選手が中山選手と競技中に「ラスカルの話をしていた」と語ったことや、解説を務めた瀬尻稜氏の「ゴン攻め」「やべー」といった独特の表現による解説なども注目を集めた。

 そんな東京オリンピックに影響されて、スケートボードを「今から始めたい」、青春時代にかじっていた場合は「再開したい」と多くの人が思ったはずだ。実際に巷のショップの売り上げなどに影響は出ているのだろうか。

 今回は、多数の出場選手たちとスポンサー契約も結ぶ、横乗り系スポーツショップの大手「ムラサキスポーツ」に話を聞いた。

◆堀米雄斗選手着用のTシャツが完売「オリンピック効果アリ」

 堀米選手が金メダルを獲得した直後、競技中に着用していたNIKEのユニフォームがオンラインストアで一部サイズが売り切れとなるなど、早くも影響が見られていた(※現在は、全サイズ完売)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)