東日本大震災などを予知したたつき諒氏は8月20日の富士山噴火を予言 専門家が言及

東日本大震災などを予知したたつき諒氏は8月20日の富士山噴火を予言 専門家が言及

記事まとめ

  • 『私が見た未来』でたつき諒氏が見た予知夢が紹介され、東日本大震災も予知されている
  • ダイアナ妃の早逝など、的中率は9割に及び、8月20日の富士山噴火も予言されている
  • 火山学の専門家は、富士山は100%噴火するが直ちに噴火に繋がるものではないと述べた

ネットで騒然「8月20日富士山噴火説」の真偽、火山学の専門家はこう見る

ネットで騒然「8月20日富士山噴火説」の真偽、火山学の専門家はこう見る

田子の浦から望む富士山

現在、ネット上でまことしやかにささやかれる噂がある。それは、「8月20日に富士山噴火する」という一つの予言だ。その発端は、1999年に刊行された漫画『私が見た未来』(著者:たつき諒/朝日ソノラマ)。同作では、作者のたつき諒氏が見た予知夢が紹介されているのだが、「大災害は2011年3月」との東日本大震災の予知に始まり、フレディ・マーキュリーやダイアナ妃の早逝などを指摘。作中で紹介された予言の的中率は9割にも及ぶ。

 この“予言の書”に記され、刻々と日が迫っているとされるのが、2021年8月20日の富士山噴火だ。そのほかの予言と同様に、富士山噴火が発生する可能性について、プロの火山学者はどう見るのか。自らが監修を手掛けた『富士山噴火 その時あなたはどうする?』の発売を控える、京都大学特任教授・名誉教授の鎌田浩毅氏にその真偽を聞いた。

◆「富士山は100%噴火する」のが、火山学者たちの常識

 まず、富士山は噴火するものなのか。それについて、鎌田氏は「火山学的には富士山は100%噴火する」と断定する。

「富士山が噴火することは間違いありません。でも、それがいつなのかを前もって言うことは不可能です。たとえば、雑誌やテレビで富士山噴火を年月日まで明言する人が後を絶ちませんが、これは科学的にはまったく根拠がありません。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)