中田翔の移籍はどう影響する?プロ野球、秋の最新戦力図はこうなる

中田翔の移籍はどう影響する?プロ野球、秋の最新戦力図はこうなる

球界に大きな衝撃を与えた中田翔の移籍。しかし、純粋な戦力補強として考えた場合は果たしてどう評価できるのか……(写真は8月21日朝日新聞)

―[数字で見るプロ野球]―

 先日、暴力事件で出場停止中であった中田翔が巨人へ無償トレードされ、プロ野球ファンを驚かせた。今回の件では様々な意見があるところではあるが、セ・リーグ他球団ファンからすれば日本ハムの主砲をカンタンに獲得できたわけで、騒動云々を置いておいても脅威であると感じる人も多いだろう。

 今年はコロナの影響でトレード期限が1ヶ月延長され8月31日までとなっている。今後、トレードや育成選手の支配下登録の可能性はさすがに薄いだろうが、駆け込み的に行われた補強などで各チームの戦力はどうなったかをまとめてみた。

◆積極的に動いた巨人と阪神。中日も育成昇格とトレードを敢行

巨人
 まずは巨人だが先日の中田翔獲得後、テームズ退団によって支配下選手数は68人と残枠が2人。基本的には緊急補強や育成選手の昇格分としてのラストワンではある。

6月24日スモーク退団(支配下68人)
6月28日直江大輔を育成から支配下へ(支配下69人)
7月4日炭谷銀仁朗の金銭トレード放出(支配下68人)
8月20日中田翔の無償トレード獲得(支配下69人)
8月23日テームズ退団(支配下68人)

 この流れを見る限りでは非常に調整が悩ましい。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)