ハンドボール選手・宮ア大輔。40歳現役を支える“速読脳トレ”とは

ハンドボール選手・宮ア大輔。40歳現役を支える“速読脳トレ”とは

ハンドボール選手・宮ア大輔。40歳現役を支える“速読脳トレ”とはの画像

◆今年6月、選手兼監督に就任した現在の宮ア選手

 圧倒的な身体能力でハンドボール界のエースとして活躍し、ハンドボールの認知度アップにも大きく貢献してきた宮ア大輔選手(40歳)。日本リーグでは最優秀殊勲賞や最優秀選手賞、新人王など数々のタイトルを獲得し、一時期は世界最高峰であるスペイン1部リーグでも活動するなど、経歴も実に華々しい。

 しかし、そんな宮ア選手にとって2020年は不運続きの年だった。右肩の手術、暴行容疑による逮捕(のちに被害届も出ない事件であったと判明し、不起訴)、新型コロナ感染と、次々と試練に見舞われてしまったのだ。おかげで引退も危ぶまれていたが、2021年6月に新しい動きが。プロバスケットボールBリーグのアースフレンズ東京Zが新設するハンドボールチームの、選手兼監督に就任したのだ。

 このニュースで注目すべきは、宮ア選手が初の監督業に挑戦するということだけでなく、今後も選手を続けていくということ。なぜ宮ア選手は、40歳を超え、けがというハンデを抱えてもなお、現役を続行する実力とエネルギーを持ち続けることができるのだろうか。その理由のひとつに、2018年から実践している“速読脳トレ”があるという。

 スポーツのパフォーマンスに影響を及ぼす“速読脳トレ”とは一体どんなもので、どのような効果を得られるのか? 宮ア選手に聞いてみた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)