借金500万円男。蕎麦アレルギーになったからカジノと出会えた人生を振り返る

借金500万円男。蕎麦アレルギーになったからカジノと出会えた人生を振り返る

借金500万円男。蕎麦アレルギーになったからカジノと出会えた人生を振り返るの画像

―[負け犬の遠吠え]―

ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。
それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。

「マニラのカジノで破滅」したnoteが人気を博したTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載は61回目を迎えました。

 今回は蕎麦アレルギーとギャンブルのお話です。

◆蕎麦が大好きだった子供時代に起きたアレルギー

 僕は蕎麦アレルギーを患っているが、これは元々蕎麦を過剰に摂取しすぎたからだと言われている。

 小学生の時分、僕は全ての食べ物の中で一番と言えるほど蕎麦が好きで、両親の休みの日には少し遠出して蕎麦打ち体験会に連れて行ってもらうほど魅了されていた。蕎麦打ち体験会という渋い趣味には地元の市長やおじさんの政治家が参加していることも多々あり、僕が目上の人間に気に入られようとする性格になったきっかけの一つかもしれない。

 何かにハマると異様に執着してしまう性格なので、蕎麦打ち体験会の間は身体中を蕎麦で埋め尽くすほどの勢いで蕎麦を食べていた。本来ならば作った蕎麦をみんなで食べるのが普通だが、僕は蕎麦を打つ途中も我慢できずにわがままを言い、乾麺の蕎麦を食べたりしていた。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)