『東京リベンジャーズ』に学ぶ「心構え」のつくり方

『東京リベンジャーズ』に学ぶ「心構え」のつくり方

東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

―[魂が燃えるメモ/佐々木]―

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第272回

◆『東京リベンジャーズ』に学ぶ「心構え」のつくり方

 人気漫画『東京リベンジャーズ』(講談社)は主人公の花垣武道がタイムリープし、中学時代に恋人だった橘日向を死の運命から救おうとする物語です。

 タイムリープする以前の花垣は「自信」や「やる気」を失っていて、他人に謝り通しの卑屈な人生を送っていました。その始まりは不良だった中学時代。他校の不良に喧嘩を売ったところ返り討ちにされ、奴隷のようにこき使われたことがきっかけでした。

 しかし、タイムリープして過去に戻った花垣は別の人生を歩み始めます。その頃に言いなりになっていた清水将貴という不良に反抗し、タイマンを申し込んだのです。

 花垣はタイムリープしたからといって喧嘩に強くなったわけではありません。しかし彼はどんなにボコボコにされてもへこたれず、逆境に抗い続ける根性を身につけていました。その姿が魅力になり、周りの人間を惹きつけるようになるのです。

 花垣が清水に逆らえたのは、ただ「タイムリープで人生をやり直せたから」だけではありません。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)