ファーウェイの新型スマートウォッチの完成度は? 実際に使ってみた

ファーウェイの新型スマートウォッチの完成度は? 実際に使ってみた

電話がかかって来た時、拳を握って開くだけ出られる

―[デジタル四方山話]―

 8月6日、ファーウェイからスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 3」が発売された。同社のスマートウォッチは多機能な上にバッテリー駆動時間が長いのが特徴。「HUAWEI WATCH 3」はどんな仕上がりだろうか。使用感をレビューする。

◆剛性感のあるボディ

 サイズは縦46.2×横46.2×厚さ12.15mm、重量はベルト抜きで約54g。ケースサイズは46mmと普段から49mmケースの時計をしている筆者の腕にはちょうどいいが、一般的にはちょっと大き目サイズかもしれない。ディスプレイは1.43インチの有機ELで解像度は466ピクセル四方。発色がよく見やすいうえ、タッチ操作も快適に行える。

 本体材質はステンレススチールとセラミックで、スマートウォッチながら洗練されたデザイン。レザーベルトもしっかりしていていい感じだ。ボタンは回転式クラウン(リューズ)のホームボタンとその下にサイドボタンの2つを備えている。クラウンは滑らかだが剛性感もあり、回転させると音量やディスプレイの表示などを調整できる。

 防水は5ATMに対応しており、水深50mでの耐水性を備えている。プールや海水浴は問題なさそうだが、スキューバダイビングや水上スキーなどには適していないとのこと。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)