<純烈物語>ついに公開!戦隊映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』はスクリーンの垣根を超えたライブ<第113回>

<純烈物語>ついに公開!戦隊映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』はスクリーンの垣根を超えたライブ<第113回>

<純烈物語>ついに公開!戦隊映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』はスクリーンの垣根を超えたライブ<第113回>の画像

―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー 〜純烈物語」]―

◆<第113回>スクリーンの垣根を越えた距離感で見られる映画――『純烈ジャー』はライブだ!

 スーパー戦隊シリーズ本編とはまったく違う新たなヒーローモノ……それはつまり、ゼロからのスタートを意味する。酒井一圭、山本康平、そして中野剛プロデューサーの三者対談にてアイデアが出された時点では、何一つ形になっていない。

 そこから誰に監督を任せ、キャラクターデザインをどこに頼み、脚本家を決めるなどしていく必要があった。各々の意見を聞きつつ、それらをまとめて話を持っていくのがプロデューサーの仕事である。

 中野氏が企画プロデュースセクションに入ったのは14年前。戦隊モノのDVD用特典映像を製作していた。『侍戦隊シンケンジャー』についたのが初めてで、その後は『海賊戦隊ゴーカイジャー』で過去のレジェンドヒーローが出てくる作品を担当。

 戦隊モノのVシネマを作る中で山本と出逢い『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』へとつながっていく。つまり、DVDの中身をどうするかから始まったのだ。

「僕はスーパー戦隊シリーズの本編を作っているプロデューサーではないので、本体が作ったもののVシネマだったり特典映像だったりとスパイスを入れる側だったんです。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)