<純烈物語>ついに公開!戦隊映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』はスクリーンの垣根を超えたライブ<第113回>

佛田洋監督からは「普通の特撮じゃ面白くないよね。トラック野郎や寅さんのような東映の古きよきコメディー、網走番外地みたいな要素を入れたらどうだろう」と言われた。

 戦隊モノを得意とする脚本家だと普通になると、これまで一度も特撮を書いていないが東映作品に詳しい久保裕章氏へ依頼したのも、監督の発想があってのこと。「ヒーローっていうけど、純烈ジャーっていったい何を守るの?」という根本的な存在理由を熟考した結果、温浴施設にいたった。

 これまでとは違いゼロから生み出す立場になりながら同じ姿勢でやれて、かつ斬新な発想で一つずつピースをはめ込んでいく行程は、中野氏にとって楽しめる作業だった。純烈ジャーの自由度が高い世界観は、プロデューサーの作品に対する姿勢を下地に成り立っている。

「僕はプロデューサーの言うことを聞けというタイプじゃないので、現場のアイデアが優先です。今回は純烈さんの映画なので、純烈さんが気持ちよく楽しく、純烈さんのアイデアと佛田監督のアイデアが化学反応を起こして面白いものになればいい。設定自体がとんでもないんだから、監督は特にデフォルメすることなくやってくれと、自然体を要求したんだと思います。

 劇中歌にしても、純烈の音楽としての新しいテイストが入った。エンドロールで流れる曲も、よく聴くといろんなメッセージがこめられているし、監督がそこに過去の写真を入れたいと言って……皆さんのお力で、想像以上の作品になったと思います」

 すでにライブで盛り上がるナンバーとして定着している『NEW(入浴)YORK』も、純烈ジャーがなければできていない。

関連記事(外部サイト)