<純烈物語>ついに公開!戦隊映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』はスクリーンの垣根を超えたライブ<第113回>



 だからこそ、公開されたあとのリアクションにドキドキしているという。純烈のファンだけでなく、一般層や特撮好きが見ても人間にとって何が大切なのかを改めて噛み締められたら……。

「この時代、作り手側もこれだ!というのを提示できないと思うんです。なぜなら善と悪がわからなくなっている時代じゃないですか。コロナで社会状況も変わってしまって、1年前に正しかったのが今も正しいのかわからない。昔は単純に悪いやつを正義のヒーローが倒して痛快だったのが、今は本当にこの人が悪なのか、ヒーローというものが本当に正しいのか複雑化してしまっているので、そういうことを考え出すと答えが見つからないし、作り手側も難しい。

 でも、そうは言いつつ単純に見て楽しめればいいんじゃないかと思います。共感できるものがあるのであれば、そこで一緒に楽しみましょうと」

 たとえそれが難しくなっても、そこに意義を見いだせるのがヒーローという存在。酒井一圭は、郷愁だけで故郷へ戻ってきたのではない。

写真提供/東映ビデオ

―[ノンフィクション連載「白と黒とハッピー 〜純烈物語」]―

【鈴木健.txt】
(すずきけん)――’66年、東京都葛飾区亀有出身。’88年9月〜’09年9月までアルバイト時代から数え21年間、ベースボール・マガジン社に在籍し『週刊プロレス』編集次長及び同誌携帯サイト『週刊プロレスmobile』編集長を務める。

関連記事(外部サイト)