俳優・大橋彰としてのアキラ100%。監督は「芸人と知らずに」配役

俳優・大橋彰としてのアキラ100%。監督は「芸人と知らずに」配役

?ゴールデンツリー/「達人 THE MASTER」製作チーム

お盆を使ったハダカ芸でお馴染みのアキラ100%が、このところ本名である大橋彰名義で映画やドラマに起用されるなど、俳優としての活躍に注目が集まっている。

◆お盆を置き、服を着たハダカ芸人が見せる演技派俳優としての顔

 昨年は、日本テレビ系ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件』にもレギュラー出演。9月10日公開の映画『達人 THE MASTER』では、初の主役に抜擢された。

「アキラ100%として芸をするときは、スイッチが入ると言いますか、『ちょっと顔が変わりますね』って言われるんです。でも、俳優として出演した作品は、最後まで芸人のアキラ100%だとわからずに観てくださる方もいらっしゃるぐらい、別人に見えるようで……。監督も、最初は僕が芸人だと知らずに配役してくださったんですよ」

 実は、大橋は『達人 THE MASTER』でメガホンを取った横尾初喜監督作品の常連俳優だ。監督から声がかかったのは、ピン芸人としてブレイクする直前。大橋が出ていた舞台を監督が観て「俳優として惚れ込んだ」のがきっかけだという。

◆初めての主演は「嬉しさと不安が入り交じった気持ち」

 その後、初めて撮影に参加した’17年公開の『ゆらり』では出演シーンは少なかったものの、’19年公開の『こはく』では、井浦新演じる主人公の傍らで人間味溢れる兄を演じ高い評価を得た。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)