森日菜美『ゼンカイジャー』で朝の顔に「プリキュア世代なので変身してみたい」



「もうお気づきかと思うんですけど、落ち着きがないんですよね……(笑)。最近、実家に帰ったときにもお母さんに「何歳になったの?」って言われました(笑)。小学校3年の通信簿にも「落ち着きがない。誰よりもおしゃべり」って書かれていて、その頃からずっと変わってないという。今後、年齢を重ねるにつれ、変えてゆけたらいいなと思うポイントであります」

◆ドラマも映画も一人では観れない

――とても人懐っこいのでは(笑)?

「それは良い方向にとらえられましたね(笑)。Netflixで『わかっていても』という韓国ドラマを見てるんですけど、今、途中で止まっていて。誰かと共有しながら、一緒に見て盛り上がりたいんですよ。一人で一気に見ても、この後、誰と話せばいいんだろう?って思ってしまうんです(笑)。『愛の不時着』も同じ理由で観れてなくて、それを現場とかで話すと「あの感動をまだ味わえてないのが逆に羨ましい」って言われます(笑)」

――韓国系以外にはどんな映画やドラマを普段見られるんですか?

「ヤクザ系、ヤンキー系も好きで、怖い系もついつい見ちゃいますね。さすがにホラーは一人では見れないので、友だちと。いつかホラー映画にも出てみたいです。ギャルも演じてみたい。やりたい仕事はいっぱいあります。

関連記事(外部サイト)